学園の沿革

img_20140910-150514.jpg
 
miniicon14x14 沿 革
 
  昭和15年7月 軍人援護会東京都支部が軍人家族の遺児保護ため、片瀬臨海寮を創設する。
  昭和21年3月 同胞援護会東京都支部の管理となり、戦災孤児、引き揚げ孤児その他の児童を収容する。
  昭和25年11月 東京都の経営となり、東京都片瀬幼児寮と称し、都立児童養護施設として幼児を収容する。
  昭和26年3月 東京都片瀬臨海寮と改称する。
  昭和28年4月 東京都片瀬臨海幼児園と改称する。
  昭和30年7月 東京都片瀬幼児園と改称する。
  昭和55年4月 定員 60名。入所対象を幼児から18歳までに変更。
  昭和56年4月 定員 48名となる。
  昭和59年4月 東京都片瀬学園と改称する。
  昭和59年11月 児童棟全面改築竣工。
  平成 3年8月 管理サービス棟全面改築竣工。
  平成12年4月 管理運営が社会福祉法人東京都社会福祉事業団に委託される。
  平成18年4月 社会福祉法人東京都社会福祉事業団が指定管理者となる。


spic_1556_1.jpg



三色カラー